忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

スニペット


サテライトサイトのdescriptionsがやっとGoogleクローラーに認識されたようです^^。今朝スニペットを確認してみたら、変更後のdescriptionsの文章が表示されていました。良かった、やっとうちの努力が報われました(笑)。メインブログに投稿しようとした記事を間違ってされたいとサイトの投稿してしまい、すぐに削除してメインブログの方に投稿しなおしました。ですが時すでに遅し、Googleにインデックスされておりました・・・。ですので、検索結果のそのページのリンクをクリックすると、「404Error:Notfound」というページが表示されます。・・・しまったなぁ・・・(汗)。404エラーと表示されてページのインデックスを削除してもらいたい・・・。ほおっておけば勝手にGoogleがインデックスから削除してくれるのだろうか・・・?。ペナルティを受けたときは、ユーザー自らGoogleにペナルティ削除を申し出なくてはならないですよね?。

本文(コンテンツ)のテキスト量と発リンク数。SEO効果高いのどっち?
Bing検索でも順位を上げておいた方が良い。NAVER検索は現時点では無視で大丈夫

ヒプノセラピー(催眠)、池袋駅
ヒプノセラピー池袋

1URL1キーワードか1URL1意味で対策。SEO原則。検索エンジン目線とは
被リンク設置から被リンク効果が順位に反映される迄の平均期間は?
旧ツイッターウィジェット終了。新ウィジェットに切り替え完了。ハブサイトとして今後もツイッター重視
競合サイトと比較して検索経由のアクセス流入少ない理由原因と解決法
順位が安定するURL。コンテンツのキーワード最適化と情報量がカギ
SEO業者選びのコツ。経験値と未来予測能力が重要。知識と技術は当り前
メインサイトは集中させる、サテライトサイトは分散させる
各キーワードで最適化されたコンテンツ群を用意すれば安定1位表示可
安い低価格SEO対策や激安被リンクサービスではSEO競争に勝てず敗ける
コンテンツ無しURLに被リンク集めるとペナルティが発動。Google検索
ホストクラブやキャバクラサイトのSEO(コンサル+被リンク対策)も可能
SEO集客成功の決め手は戦略。戦理・競争の原則に基づいた弱者のSEO戦略
ペンギンアップデート影響大なら新サイトに建て替えが最適な解決方法
PR

改善


あ!、ウェブマスターツールでメインブログの方のHTMLの改善を見たら改善されていました^^。しかし、タイトルタグの重複はいまだに2ページある・・・。確認してみたら、以前指摘されたページ。1ページはタイトルは変えずにそのままで、もう1ページの方だけ変えたのに・・・なぜ・・・?。変えたというか、1文字加えただけですが(笑)。重複しているタイトルタグをGoogleに指摘された場合、一文字付け加えたり消したりしてもGoogleには通用しないということが分かりました。ということで、完全にタイトル変えてやりましたよっ!!!(やけっぱち(笑))。メタデータ(Description)はやっと改善されました^^。あとはタイトルタグの重複の2ページのみ。おととい(4月18日)にGoogleクローラーのアクセスがあったので、もしかしたらこれですべて解決しているかも!とウェブマスターツールを見たのに、タイトルタグの重複2ページだけがまだでした(涙)。

Googleページランクは検索順位に影響を与えるか?影響するが小さい

退行催眠とは何ぞや?
退行 催眠

多くの城(勝てるキーワード)押さえて収入途絶えない状態作るのが先決
もう少しで分散したメインSEOブログ群の完全引越し(集中)が完了。脱SNS、ブログ集中の独自路線
SEO対策の実力。そろそろ「SEO兵器」レベルに達しつつある弊サービス群
「1サイト1被リンク+ROS被リンク」と「1サイト1被リンクのみ」の違い
余計な被リンクが付いて無いURLほど被リンク対策で容易に順位上がる
競争激しいキーワードほど上位表示に時間要するが対策すれば上がる
ページ遷移無しで検索ユーザーの問題解決する複製文章URLは評価高い
「不動の1位表示」望むなら万年一位の「王者に相応しいコンテンツ」必要
Google SEO対策と衛星サイト更新
ムーアの法則に乗ってGoogle検索エンジンは進化。能力は2年で倍増
輸入・内需型企業は余力ある内にSEO対策した方が良い。円安増税の逆風
「不動の1位表示」「不動の上位表示」は1年から2年程度で達成する事多し
「検索ユーザーの役に立つか?」で重複コンテンツのGoogle評価は変わる
競争相手が弱く少ないキーワード早く順位上がる。競合強く多いと遅く

カタカナ


気付きました。うちのメインブログ、カタカナやアルファベット検索では圏外です。これは大変だ・・・。うちのメインブログはすべて平仮名ですので、平仮名検索では検索結果の一位に表示されるのですが、カタカナやアルファベット検索では圏外・・・。今のGoogleの検索エンジンは、検索窓にアルファベットで入力しても、有名なサイトや大手企業の社名やキーワードが表示されます。いずれはうちのメインブログもアルファベットを1、2文字入力しただけで表示されればいいなぁ♪。というか表示されるように頑張ろうっ!!!。次々と課題が持ち上がってきてまいっちゃうよ・・・^^;。そりゃあ最初から完璧になんてできないけれども、直すとこが多くなかなかへこみますよ・・・。でもそんなことを言っていても順位も上がらないし改善もされないだろうから少しずつ直してサイトの改善をしていく努力をしようと思います^^。思いでブログっていう強い思い入れもありますし。

対策開始時に「勝てるキーワード」選んだお客様のみ今現在も栄えている
コンテンツと関連する発リンクの数は多い方が良いか?SEO効果小さい
Google検索順位大変動。ペンギン2で被リンク緩和。再度被リンク寄りにアルゴリズムアップデート
旧時代(昔)の被リンクが多く付いていると順位上げるのに大変苦労する
競争激化で上位表示に要する期間長くなる。年々厳しさ増すSEO競争
弊SEOサービスの多くは2階建ての契約。1階部分の契約は終了後も残る
発リンクよりも被リンクの方が検索順位に大きな影響与える
「高度な技術」が本当に必要とされるのは被リンク対策。内部対策に非ず
SEO業者との連絡に検索エンジン会社運営の無料メール使うな。情報漏れ
賢い検索エンジンGoogleで上位表示迄に必要な期間。ビッグキーワード
検索圏外に落ちない中長期的SEO集客の土台を築くには?内部&外部SEO
引越し元の1代目「トンちゃんYahoo SEO対策ブログ」がヤフー検索で「Yahoo SEO」1位を取ってしまった
被リンク競走で勝ち続けられるようSEOサービス設計。被リンクの質と量
「不動の1位表示」「不動の上位表示」を達成する方法やり方・SEO対策流れ
検索結果で上位表示され且つ人気ある商品であれば嫌でも「売れて行く」
「被リンクのあて」を確保するのが先。SEO集客用コンテンツ作成は後